雨漏り修理を依頼する際の業者選びのポイントとは?

いざ雨漏り修理の専門業者に依頼しようとしても、「どこに頼めばいいか分からない」、そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。雨漏り修理には専門的な知識と経験が重要であるため、業者選びが非常に重要です。経験の少ない業者や悪徳業者に依頼してしまって後から失敗を悔やんだりしないよう、信頼できる修理業者を選ぶためのポイントをご紹介します。


1.雨漏り修理の経験が豊富

雨漏りの原因や発生箇所は多岐にわたるので、どんな雨漏りでも修理できるようになるためには数多くの雨漏り現場で経験を積み重ねる必要があります。このため、信頼できる業者を選ぶためには実績が豊富かどうかを見極めることが大切です。業者のホームページなどをチェックして、経験や実績などをチェックしてみましょう。

2.修理費用の見積もりが明確で分かりやすい

雨漏り修理の費用は業者によって大きく異なるので、適正な価格を知るためにも複数の業者から相見積もりを取ることが重要です。その際、どんな見積もりを出してくるかによって、信頼できる業者かどうかを見極めることができます。明細や根拠が明確な業者であれば安心ですが、「修理費用一式」としか書かれていなかったり、始めに提示した金額から大幅な値引きを言い出すなど、あいまいな見積もりを出してくる業者には注意が必要です。
また、金額があまりに安すぎる場合も、粗悪な材料を使ったり、手抜き工事がされることを懸念せざるをえません。見積もりに疑問があれば、納得いくまで質問し、その対応を見ることでも信頼できる業者かどうかが判断できます。

3.地域社会に根付いている

地域に根付いて長く商売をしている業者は、それだけ近隣の人々から信頼されているといえます。ご近所でも利用されたことのある方がいる可能性があるため、そのときの評価を聞いてみるのもよいでしょう。また、ご自宅近くに事務所を構える業者であれば、それだけ迅速な対応が可能です。

4.修理後のアフターフォローが充実している

雨漏り被害が深刻な場合は、いかに専門業者といえども一度の対応で確実に修理できるとは限りません。台風などが再び襲来すると、雨漏りが再発することも少なくありません。このため、良心的な修理業者であれば一定の期間内に不具合が生じた場合は無料、もしくは格安で対応する保証期間を設けています。修理後の定期点検やメンテナンスなどもしっかりしていれば、長期にわたって安心を確保できます。このように、雨漏り修理ではアフターフォローが重要になるので修理後の対応が手厚い業者を選ぶことが大切です。
信頼できる業者を見極めるポイントをいくつか紹介しましたが、最後にモノを言うのは、やはり人と人との信頼関係です。電話での問合せや、下調べに来たときには、積極的に質問して、その対応ぶりを見て、信頼に足る人かどうかを見極めることが大切です。

▲ TOPへ戻る