火災保険を活用して雨漏り修理を無料にできるって本当?

雨漏り修理には一定の費用がかかりますが、火災保険を適用できれば実質的には無料で修理できる可能性があることをご存知でしょうか。ここでは、雨漏り修理に火災保険が適用される仕組みと、火災保険を活用するためのポイントをご説明します。


1.雨漏り修理に火災保険が適用されるのはどんな場合?

まずは、雨漏り修理に火災保険が適用される仕組みについてみていきます。

・火災だけでなく、「風災・ヒョウ災・雪災」でも補償が受けられる

多くのご家庭では、万一に備えて火災保険に加入しています。なお、火災保険の補償対象は火事による被害だけではありません。まずは、火災保険の契約書を確認して、補償内容に「風災・ヒョウ災・雪災」が含まれていないか確認することが大切です。
「風災・ヒョウ災・雪災」補償とは、強風やヒョウ、大雪などで自宅が破損した際にその修理費用を補償するというもの。このうち、特に雨漏り修理と関係が深いのが、台風や強風が原因で生じた雨漏りに対する「風災」補償です。

・多くの雨漏りは「風災」と「経年劣化」の組み合わせ

雨漏り修理に火災保険が適用されるには、その原因が風災であることが条件となります。「うちの雨漏りは経年劣化が原因だから、適用できないか」と考える方もいるかもしれませんが、この考え方は必ずしも正しいとはいえません。経年劣化は雨漏りを引き起こす大きな要因ではありますが、経年劣化だけで雨漏りが生じるケースは意外と少ないもの。もともと経年劣化で弱ってきた屋根が強風によって限界を超えて雨漏りに至るというケースが多くみられます。この場合も、火災保険の風災補償の対象となる可能性があります。

・火災保険が適用されるかどうか判断を下すのは鑑定士

家の雨漏りが火災保険の補償対象になるかどうかを判断するのは、日本損害保険協会の資格をもった鑑定人です。 加入している保険会社に火災保険の適用を申請すると、屋根や雨漏りの状況を示した報告書や、修理費用の見積書などの提出を求められます。保険会社から依頼を受けた鑑定人は、これら書類を確認するとともに、実際に現地を調査して、補償の対象となるかどうかを判定し、被災額を算定します。この結果を踏まえて、保険会社が保険支払額を決定します。

2.雨漏り修理に火災保険を適用するためのポイント

以下では、雨漏り修理に火災保険の適用を受けるためのポイントをご説明します。

・最大のポイントは、「火災保険を利用した雨漏り修理」の専門業者に依頼すること

雨漏り修理に火災保険の適用を受けるにあたっては、保険会社に提出する書類が重要になります。基本的な申請書類に不備があれば、それだけで却下される可能性もあります。保険会社に認められる書類を作成するには、雨漏り修理だけではなく、火災保険についても専門的な知識をもった業者に依頼することが大切です。

・「火災保険を利用した雨漏り修理」の専門業者ならではの的確なアドバイスを活用

雨漏り修理に火災保険を適用した経験が豊富な専門業者であれば、住まいの雨漏りが風災補償の対象となるかを客観的に判断することが可能です。加えて、申請に必要な書類の内容や書式も把握しているので、安心して申請できます。

また、事前に発見していた雨漏り以外にも風災による不具合を見つけ出し、併せて修理費用に含めて補償対象とする場合もあります。さらに、保険の適用を受けやすくなるよう雨漏りの原因が風災である根拠を明確にします。
築10年未満の新築住宅であれば、「住宅瑕疵担保責任保険」を利用して無償で修理できる可能性があります。住まいはさまざまな保険で守られているので、これらを賢く利用して、ムダなお金をかけることなく、住まいを健全に保ちましょう。

▲ TOPへ戻る